企業分析

GAFAの成り立ちを学ぼう〜Google編〜

今回はGAFAの成り立ちをテーマに、どうしてその企業が今の地位まで上り詰めることができたのかを学んでいきたいと思います。

今回はテクノロジー企業の代表格であるGoogle社です。

検索エンジンはもとより、オンライン広告、ソフトウェア事業など多岐にわたる事業を展開しています。

 

 

そしてGoogleは現代企業の4皇であるGAFAの一角ですね。

今後は5Gなどでさらに情報処理が加速し、ますますその存在が大きくなってくると考えられます。

今日はそのGoogleの成り立ちを大まかに触れてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

Google社の成り立ち

Googleの成り立ちは1996年1月まで遡ります。

きっかけはスタンフォード大学の博士課程に在籍する学生2人の研究プロジェクトから始まりました。

この学生2人が創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンです。

 

品質を評価する検索エンジンを開発

当時のウェブサイトの評価はいかに検索されて表示されたか、

その回数だけでランク付けされていました。

しかし、それでは表示回数が多いだけで品質が低いページが、

高くランク付けされてしまうという問題点がありました。

 

 

そこで彼らはページ同士の関連性に着目しました。

すなわち、良いサイトには良いサイトが紹介されていたり、紐付けられていたりするので、

単純に表示回数が多いだけでなく、この紐付け(被リンク)の数を評価するというものでした。

今でこそウェブサイトでは被リンクが大事というのは当たり前ですが、当時としてはかなり斬新なアイディアでした。

ちなみにこれは論文でも同じで、引用されている数が多い論文は良い論文と言われており、

引用されることが多いサイトは良いサイトということになるのかもしれませんね。

 

 

被リンクが多いサイトが、検索ランクで上位になることで、

品質の高いものが当たり前にトップに表示されることで、

彼らの検索エンジン自体も、品質が高いものと評価されていきます。

なぜ米国株はこんなにも強いのか、そしてこれからも強いのか

  こんにちは。ゆとり薬局です。 今回は米国株について書いていきたいと思います。 ゆとりはまず長期投資家として、米国市場に積み立てて毎月投資をしています。 日本人ですからもちろん日本にも投資 ...

 

法人として正式にGoogle社を設立

2年後の1998年に彼らは法人としてGoogle社を設立します。

名前の由来はgoogol(グーゴル)という1に0が100個連なった値で、

彼らの検索エンジンが莫大な量の情報を提供するものだと示すことにあるそうです。

 

 

法人設立前にはAmazon創業者のジェフベゾスからも、出資が行われています。

そして、さらに翌年には2500万ドルもの資金調達に成功します。

しかし、彼らの売り上げはこの時点でもほとんどなかったと言われています。

これだけの大企業となる会社でも創業当初で売り上げを立てるのは非常に大変なんですね。

 

Yahoo!の検索エンジンに正式採用(2001年〜)

日本で検索エンジンの覇権を握っているYahoo!の検索エンジンにもGoogleの検索エンジンは使われています。

Yahoo!社とGoogle社は、ライバル関係でありましたが、Yahoo!がGoogleの株主であったこともあり、

ライバルでありながらも、協力関係にはあったようです。

 

 

そして、話は現在まで飛びますが、Yahoo!はこれからの検索エンジンの開発には撤退する模様で、

徐々にGoogleの検索エンジンに置き換わるようです。

移行が完了すると、日本での検索結果の98%がGoogleの検索エンジンによるものとなるようです。

 

 

Google マップ、Google Earthを開始(2004年〜)

2004年に人工衛星や航空撮影の画像をデータベース化したソフトを販売している会社を買収し、

その会社の技術を応用して、Google マップ、Google Earthを公開しました。

 

 

Google マップは今でも全世界で使われている地図アプリですね。

検索エンジンからさらに地図を展開するというモデルが企業買収の際にもあったのかもしれませんね。

 

YouTubeを買収

 

2006年にはYouTubeをおよそ2000億円で買収します。

これまでおもしろビデオばかりが投稿されていてニッチな界隈で話題になっていた、

YouTubeがGoogleの手に渡り、当時は衝撃なニュースでした。

YouTubeのその後は誰でも分かる通り、世界を席巻しています。

 

 

検索、地図、動画

Googleはひたすら情報を民主化して、

無料で有益なものを全世界に配信する体勢をこの頃から取り続けています。

真剣に遊べば仕事になる〜現代だからできる自由な働き方〜

皆さんこんにちはゆとり薬局です。 今回は、「真剣に遊べばそれは仕事になる」ということを深掘りしていきたいと思います。 こういうことを言うと、 「また無責任なこと言って!!遊びで金が稼げるわけがない!! ...

 

Googleの今後

これまでひたすら情報を提供するために進化を重ねてきたGoogleですが、

今後はどのような事業にシフトしていくのでしょうか。

 

AIでさらなる覇権を握れるか

Googleが今一番力を入れているのは、AIへの投資です。

Googleの自動広告自体も実際にAIが各記事へ対応した広告を埋め込んでくれています。

AIによる広告が間違いなく今後も増えていくでしょう。

さらに2017年に中国の北京に人工知能の研究所を開設しています。

 

 

今後は5Gでますますモノのオンライン化が進むと言われていますので、

Googleが5Gの時代でどのように覇権を握れるかに注目です。

超高速通信方式5Gで世界は変わる

  今回は次世代の通信方式である5Gについてご紹介していきたいと思います。 2019年現在はまだ本格的には日本で始まってはいませんが、既に米国と韓国では一部地域で実験的に開始されています。 ...

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

GoogleはGAFAの一角で世界の最先端のテクノロジーを使っている会社でしたが、

検索エンジンの分野以外では主に投資によって、地図や動画の分野を手に入れてきたことが分かりました。

 

今後もこの膨大な情報を処理する検索エンジンを主軸にして、

Googleは5Gに時代に足を踏み入れます。

一体どんな未来が待ち受けているのでしょうか。とても楽しみです。

 

今回はこちらで以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

副業でブログを始めるならお名前.comのドメイン登録が安いです。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆとり薬局

現在30歳の長期投資家×助っ人薬剤師×ブロガー 日本全国を転々と活動しており、日本中が仕事先と自負している。 現在、愛知県で活動中。出身は大阪。 どうすれば経済的、時間的、精神的に自由になれるか、日々行動中。 ブログは週2で運営中。現在200記事超。YouTubeも元気に更新中!

-企業分析
-,

Copyright© ゆとり薬局キズナBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.