健康

薬物の恐怖〜覚醒剤編〜ダメ。ゼッタイ!

 

こんにちは。ゆとり薬局です。

今回は覚醒剤の恐ろしさを記事にしていきたいと思います。

昨今の芸能人で覚醒剤のニュースをよく見かける事ありますよね。

 

 

芸能人で売れっ子になって社会的地位も築いたのに、

薬物によって没落していく人も結構多いですよね。

一度手を出してしまうと、薬物の魔の手から逃れられません。

今回は薬物使用の怖さについて深掘りしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

覚醒剤とは?

覚醒剤は脳神経系に作用して心身の働きを一時的に活性化させる物質のこと。

覚醒剤精神病という中毒症状を引き起こし、乱用や依存を誘発させる。

俗にシャブ、スピード、エスなどと呼ばれる。

 

 

戦前は製薬会社から、覚醒作用のある薬として普通に市販で販売されていました。

さらに戦時中は夜間に覚醒する事で仕事の能率が上がるとされ、

強制的に兵士が飲まされる例も数多くありました。

 

 

とてもつもない効果により、乱用がおこる覚醒剤ですが、

1回使用するかしないかで人生が枝分かれします。

 

初使用時にはほとんどバレていない

覚醒剤中毒者による手記を読むと、

初使用時は先輩や友達に勧められたケースがほとんで、

断りきれなかったり、興味本位で手を出してしまっています。

 

 

その大半が1回目で捕まっていません。

そして1回目で得た経験が忘れらず2回、3回と使用してしまい、

そうこうしている内に覚醒剤中毒症になっていってしまうのです。

軽はずみなたった1回の使用で人生が変わります。

 

一度手を出せば加速度的に人生が破滅する

覚醒剤使用の常習者となってしまえば、

あなたの人生は音を立てて崩れていきます。

その崩壊速度はとてつもないスピードです。

 

 

最終的には覚醒剤を使用しなければ満足いかないような体になってしまいます。

副作用として幻聴や幻覚、気分の波が大きくなり、

身内にも暴力を奮ってしまうようになるのです。

 

中年に多い逮捕者

 

覚醒剤使用の逮捕者は幸いな事に減ってきてはいるのですが、

40歳から50歳は逆に増えてきています。

元プロ野球選手の清原選手も逮捕時は48歳でした。

 

 

4、50代の人が覚醒剤に手を染めてしまうのは、

覚醒剤が金額的にも高額である事があげられます。

元々は若い時に使用していて、再びふと使いたくなってしまったり、

社会においての自身の閉塞感から解放されたくて使用してしまうのが原因と言われています。

高額でも支払えたりするのはこの年齢層の特徴かもしれません。

人は何のために生きるの?→命を燃やすために生きる

  こんにちはゆとり薬局です。 今日は人は何のために生きるのかをテーマにしたいと思います。 あまりにもざっくりしたテーマですが、生きる上でとても重要なことだと思います。   人は何 ...

 

中年層の異常な再犯率

覚醒剤の再犯率は異常に高く、

50歳以上では82.3%となっています。

40歳代では71.2%、30歳代では57.1%、20代では33.1%となっています。

 

 

先ほどのグラフで当てはまる通り、

40〜50歳代での再犯率が異常なほど高いのが、覚醒剤の特徴と言えます。

 

他の薬物に比べると女性の比率が高い

また、大麻や危険ドラッグと比べると覚醒剤は女性の比率が高いのが特徴です。

大麻では女性は8%ほどなのに対し、覚醒剤は20%が女性と言われています。

 

 

これは覚醒剤がセックスドラッグと呼ばれていることから、

セックスパートナーからの誘惑で女性が使ってしまう事があげられます。

パートナーが使用していても、絶対に手を出してはいけません。

「1度使用してしまったら人生が崩壊する」

このことを胸に刻み込みましょう。

 

海外での刑罰は「死刑」も

日本では使用においては、初犯に執行猶予がつく可能性がある覚醒剤ですが、

海外では死刑もあり得るほどの極めて重大な犯罪なのが覚醒剤の特徴です。

特に販売目的は厳しく処罰されますので、お金目的で覚醒剤を売り捌くことは絶対にやめましょう。

 

 

むしろお金目的の方が極めてタチが悪く、そういった交友関係は、

意外と身近なところにあるかもしれませんので、注意しておきしょう。

 

終わりに〜自分の人生は自分で守ろう〜

いかがでしたでしょうか。

覚醒剤は恐ろしいドラッグです。

たった1回の過ちで一生背負わなければらない十字架を背負う事になります。

 

 

元薬物使用者は今も使用しないように毎日戦い続けています。

絶対に使用しないようにしましょう。

 

 

あなたを守ってくれる家族はいるかもしれませんが、

あなたの人生はあなたの手で守らなければなりません。

しっかりとした知識と自分を守る勇気を身につけていれば、

手を出すことはないでしょう。

 

人生山あり谷ありですので、是非お互いに気をつけていきましょうね。

それでは今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

嫌われる勇気から学ぶ、人生を生きる3つの目的

複雑な現代社会の中で、人生を生きる目的とは何でしょうか。 著名な学者も、成功者も意外と答えることができないテーマだと思います。 今回はベストセラーとなったアドラー心理学について書かれた「嫌われる勇気」 ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆとり薬局

現在30歳の長期投資家×助っ人薬剤師×ブロガー 日本全国を転々と活動しており、日本中が仕事先と自負している。 現在、愛知県で活動中。出身は大阪。 どうすれば経済的、時間的、精神的に自由になれるか、日々行動中。 ブログは週2で運営中。現在200記事超。YouTubeも元気に更新中!

-健康
-,

Copyright© ゆとり薬局キズナBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.