転職

薬剤師の就職先(MR編)

プレゼンテーションスキルの高い人は有利です。

今日は薬剤師の就職先について解説していこうと思います。ゆとり自身も新卒から数年間、製薬会社に勤務しておりました。

MRになるつもりがない方も非薬剤師の方も製薬業界ってこんな感じなんだと知ってもらえると嬉しいです。

薬剤師の就職先(ドラッグストア編)はこちら

薬剤師の就職先(病院編)はこちら

スポンサーリンク

そもそもMRってなに?

MRは医薬情報担当者と呼ばれ、自社の薬の有効性や安全性について顧客である医療機関の医療従事者に説明するというお仕事です。

単に説明するだけではなく、実際には医薬品の営業活動という側面も大きく、ドクターの御用聞きのような状態になっている場合も多く見られるのが現状です。

それでは薬剤師がMRになる場合のメリットをご紹介していきましょう。

MRのメリット

①給料が高い場合が多い

やはりMRになる最大のメリットは給料ではないでしょうか。

薬剤師が一般的な医療機関に就職した場合、よっぽど出世するか、経営しない限り、現状MRの給料に大きく勝つというのは難しいかもしれません。

ただ、最近ではドラッグストアでも新卒600万700万貰えるところも増えてきたので、やりようによっては同じくらい稼げるかもしれません。

しかし、生涯的な年収で言えば製薬企業はやはり強いでしょう。

②営業なので外に出れる

車, 販売, ディーラー車, 車ショールーム, 駐車場, 車の営業マン
得意先に行く前にちょっと休憩

これはどの営業マンにも言える事ですが、外回りのお仕事なので薬局のように常に室内で誰かに見られているという状況ではありません

営業の合間にコンビニに行ってお菓子を買ったりすることもできます。笑 

自由度がかなり高いと言えるでしょう。特に結果が出ている場合は風当たりも弱いので、より自分のペースで働ける事でしょう。

ただ上司次第なところもありますが、、、、閉塞感が嫌いな人はオススメです。

③たくさんのドクターと知り合いになれる

MRにとっての最大の顧客はドクターです。MRはたくさんのドクターと知り合いになる事が出来ます。

薬剤師で今後薬局開業を考えている人医師向けのコンサルティング業などを考えて、人脈を広げたいという方にはとても大きなメリットだと思います。

④いい製品に出会えれば、本当の意味でも社会貢献になる

医療業界は日進月歩で進んでいきます。今ではC型肝炎も治せるような薬が登場してきました。

このような素晴らしい医薬品をまだ知らない先生に届けることはとても大きな社会貢献になると思います。

先生自身も助けられますし、何よりも患者さんのためになるでしょう。

先生もその薬に興味を持って話を聞いてくれ、さらにMRはさらに自社品を愛す事が出来ますので、まさに好循環と言えますね。

 

まさにMR業界はいい事づくめのように見えるかもしれませんが、世の中どんな仕事にもデメリットは存在します。ここからはMRのデメリットを紹介します。

MRのデメリット

①給料は営業成績によって変動する

メリットの①で給料が高いと言い切る事が出来なかったのがこのためです。

MRの給料はどれだけ数字を残せるかにかかっていますので、数字を残せる人は給料が高く、残せない人は給料が低くなります。

特にボーナスは営業成績と連動している事が多いので、ある年は前年に比べて年収が下がったということもザラにあります。

固定給で安定して見通したいという人にはデメリットになるでしょう。

ぼかし, グラフ, コンピュータ, データ, ファイナンス, 成長, 光, 行
成績はすぐデータで共有されます

②仕事の評価は数字が全て!?

どれだけ一生懸命頑張っていても、数字が出ていない人に対しての社内の風当たりは強いです。

これはMRの宿命と言えるでしょう。

さらに担当エリアの病院が閉院したり、ライバルのエリアに人気の先生が異動して患者が減ってしまったという個人ではどうしようもないことも数字に反映する事がありますので、ある程度数字が低い時も我慢できる精神力が必要でしょう。

まあ逆に開院したりする事がありますので、これはどっこいどっこいかもしれません。

ただ、最近では国は高齢化社会による医療費抑制のために、まずメスを入れたのが薬価の下落改定です。

その影響は製薬業界に直撃していると言えるでしょう。

仕事の評価も今後は、従来よりも厳しく査定される可能性があり、逆風が吹いていると言わざるを得ないでしょう。

③全国転勤は覚悟しなければならない

最近では徐々にMRは地域密着型が増えているので、ハードな転勤は少なくなってきました。

とはいえ、ずっとMRをやっていくつもりなら大きな異動は覚悟しなければならないでしょう。

地元や決まった場所で腰を据えて一生やっていきたいという人はMRはオススメできません。

④悪い商品でも、なんとか売り抜かなければならない

これはメリットの④の真逆ですね。笑 

複数の製品を抱える中でこの製品はライバル社に比べてかなり劣っているというものもあります。

その場合でも会社はなんとか売らせようと色々な売り文句を考えてきますが、あまりにも的外れな時があります。

先生もメリットを感じれない薬には耳を傾けてくれず、売りたいけど患者の役に立っているのだろうかというジレンマに陥いることもあります。

本日のまとめ

まとめるとMRに向いているような人は次のような人ではないかなと、ゆとりは考えます。

  1. コミュニケーションスキルが高く、人と話す事が好きな人
  2. 自分で自立して予定が組めて、一人でもサボらず仕事をこなせる人
  3. 全国のまだ見ぬ土地で暮らす事に抵抗がない人

あとは車の運転は得意な人の方がいいですね。自信がない人は入ってから苦労します。意外と事故も多い業界です。

いかがでしたでしょうか。MRは薬剤師の中でも白衣ではなくスーツを着て勝負する業界です。

シビアな業界でもありますがチャレンジしてみる価値はあると思います。

今日は以上になります。MRに就職や転職を考えている人は参考にしてもらえると嬉しいです。今日もありがとうございました。

またマイナビ薬剤師からも企業転職への相談はできるようです。↓参考にしてみてください

オススメの転職仲介会社は?

ゆとりがこれまでにお世話になったことのある会社をご紹介します。

正社員としての転職もそうですし、派遣やパートなどの転職相談もお世話になりました。 よかったら参考にしてみてください。

マイナビ薬剤師(必ず近くで面談していただき、今節丁寧に対応していただきました。)

エムスリーキャリア(日本最大級の薬剤師転職サイトです。)

ファルメイト(単発派遣などでお世話になりました。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆとり薬局

現在30歳の長期投資家×助っ人薬剤師×ブロガー 日本全国を転々と活動しており、日本中が仕事先と自負している。 現在、愛知県で活動中。出身は大阪。 どうすれば経済的、時間的、精神的に自由になれるか、日々行動中。 ブログは週2で運営中。現在200記事超。YouTubeも元気に更新中!

-転職
-,

Copyright© ゆとり薬局キズナBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.