個別銘柄分析(日本)

【4503】アステラス製薬は長期投資対象となるか〜個別株銘柄分析〜

皆さんこんにちは!ゆとり薬局です。

今回の日本株分析はアステラス製薬です。

日本の製薬メーカーの中ではトップの製薬企業の一つと言えますね。

個人としても今後の行く末がとても気になる企業です。

今回もバフェット基準に基づき、売上高、当期利益、ROE、ROA、EPS、財務健全性、割安性などで評価していきたいと思います。

 

ゆとり薬局
海外での売り上げ拡大が期待でき、財務は健全なメーカーです!

 

スポンサーリンク

アステラス製薬のビジネスモデル

アステラス製薬グループは医薬品の研究、開発、製造及び販売を主要な事業とする。【事業内容】医薬品事業について、国内において同社は研究、開発及び販売を行い、各地域の同社の連結子会社へ原料及び製品の一部を供給する。海外において、米州でアステラス US ホールディング Inc.(米国)のもと、アステラス US LLC(米国)が本社機能を担う。アステラス ファーマ US, Inc.(米国)等が販売を行う。アステラス US テクノロジーズ Inc.(米国)が米州の技術統括機能を担い、アステラス ファーマ テクノロジーズ Inc.(米国)が製造を行う。EMEA(欧州・中東・アフリカ)でアステラス B.V.(オランダ)のもと、アステラス ファーマ ヨーロッパ Ltd.(英国)が本社機能を担う。アジア・オセアニアでアステラス製薬(中国)が製造及び販売を行う。韓国アステラス製薬及び台湾アステラス製薬股份などが販売を行う。同社は、また子会社を通じて、眼科領域における再生医療技術を活用した医薬品の研究開発に従事する。楽天証券より引用

 

アステラス製薬は言わずと知れた製薬メーカーの一つです。

特徴としては、一般用医薬品(OTC)ではなく、医療用医薬品に集中しています。

主力製品は泌尿器領域のイクスタンジやベタニス、べシケアなどです。

免疫抑制剤のプログラフも有名ですね。

 

オススメの証券会社について記事にしました!

投資初心者にオススメの証券会社は!?〜手数料だけに注視せよ〜

皆さんこんにちは!ゆとり薬局です。 今回は投資の初心者でも安くて便利で使いやすい証券会社をご紹介したいと思います。 またどこに投資するかによっても使う証券会社は変わる場合がありますので、その辺もご紹介 ...

 

主な製品

引用:https://answers.ten-navi.com/company/12306/

グローバル領域ではイクスタンジの売り上げ拡大が目立ちます。

しかしながら、ベシケアやプログラフは減収となっています。

 

米国株VISAの銘柄分析はこちらから

【V】VISAは長期投資銘柄となるのか!?〜米国個別株分析〜

皆さんこんにちは!ゆとり薬局です。 今回の米国個別株の分析はVISAです! 皆さんご存知のクレジットカード会社ですよね!クレカの会社では世界最大手の会社です。 そんなVISAは長期投資にふさわしい銘柄 ...

 

米企業を約3300億円で買収し、遺伝子治療薬の基盤獲得へ

また近頃のアステラス製薬の動きとして、米国の遺伝子治療薬を開発する米バイオ企業「オーデンテス」を買収すると発表しました。

アステラス製薬が次に狙うべきポジションは遺伝子治療薬のリーディングメーカーなのでしょうか。

 

事業規模

  • 時価総額:35,047億円
  • 従業員数:連結15,432人
  • 設立:1939年

 

アステラス製薬の業績チェック

ここからはアステラス製薬の業績をみていきたいと思います。

これまで同様、5段階評価(1〜5)の通信簿形式です。

指標としては、売上高、当期利益、ROE、ROA、EPS、財務健全性、割安性から考察していきたいと思います。

各指標の右側の数字が評価値となっています。

 

売上高【3】

ここ10年では右肩上がりに見えるのですが、過去5年間は微妙な水準です。

売り上げは伸び悩んでいますね。

 

当期利益【3】

当期利益も右肩上がりですが、少しボコボコしているのが印象的です。

バフェットはなぜ銀行株に投資するのか

皆さん。こんにちは。ゆとり薬局です。 今回はなぜバフェットが銀行に投資するのかを考察していきたいと思います。 バフェットは逆張りの投資家でもあり、分散ではなく集中投資を好む投資家ですよね。 そして現在 ...

 

ROE【4】

【ROEの推移(%)】

  • 2015   10.51
  • 2016   15.03
  • 2017   17.28
  • 2018   12.97
  • 2019   17.59

 

ROEは高いので利益率の高いビジネスだと言えそうです!

5年の平均ROEも14.6%とかなり高い水準ですね!

 

ROA【3】

【ROAの推移(%)】

  • 2015   7.88
  • 2016   10.78
  • 2017   12.08
  • 2018   8.95
  • 2019   11.84

 

ROAは少し低いものの、まずまずの内容ではないでしょうか。

 

EPS【4】

【EPSの推移】

  • 2015   61.40
  • 2016   89.62
  • 2017   103.55
  • 2018   81.02
  • 2019   114.94

 

EPSもボコボコしていますが、堅調に推移しています。

 

財務健全性【4】

  • 自己資本比率 65.5
  • 固定負債 206,276百万
  • 流動資産 1,989,779百万 
  • 利益剰余金  949,853百万

 

自己資本比率は65.5%とそれなりに高いです。

また負債も少なく、流動資産も多いので財務は健全な企業と言えるでしょう。

利益余剰金も固定負債に比べてかなり多いです。

 

割安性〜現状の株価とPER〜【4】

続いては株価を見てみましょう。

  • 株価:1652円(20/03/06現在)
  • PER(連):14.36倍

 

PERはそれほど高くありません。

同業種の他メーカーを見ても、PERは割安と言えるでしょう。

 

これまでのチャート

過去10年のチャート

過去10年では右肩上がりに推移しています。

3倍ほどに株価は上昇しています。

 

過去5年のチャート

ここ5年では株価は完全に横ばいです。

10年とはうってかわって、厳しい状況が続いています。

 

株主への還元は?

続いて株主への還元をみてみましょう。

配当利回り&配当性向

アステラス製薬の配当利回りは2.48%です。

配当性向は約33%です。

また自社株買い(発行株式数の1.45%)も先月に行っています。

これは良い兆候と言えるでしょう。

 

 

ゆとり薬局
自社株買いは相対的に株価を押し上げます!

バフェットが注目するポイントの一つです!

 

総評【3.5】〜利益率は高く比較的割安、財務も健全である〜

アステラス製薬への長期投資はアリかをまとめてみました。

  • 売上高:3
  • 当期利益:3
  • ROE:4
  • ROA:3
  • EPS:4
  • 財務健全性:4
  • 割安性:4

 

総評【3.5】

医療用医薬品に特化したビジネスモデルは利益率が高く、イクスタンジも好調なので利益拡大は期待できる。

財務も手堅く、健全であることも好材料である。

株価も比較的割安なので、投資家達の期待値としては低いが、持ってみても良いかもしれない。

3300億円で買収した遺伝子治療薬メーカーとのシナジー効果が今後どのようなカタチで現れるかを静観していきたい。

 

ということで今回の銘柄分析のアステラス製薬編はいかがでしたでしょうか。

財務も健全で自社株買いを行っているところは投資家にとって魅力的ですね!

是非参考にしてみてください。

また、全ての投資は自己責任ですので、投資する前はご自身で是非分析してみてください。

今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

投資先が決まれば、オススメの証券会社についても記事にしていますので是非ご覧ください!

投資初心者にオススメの証券会社は!?〜手数料だけに注視せよ〜

皆さんこんにちは!ゆとり薬局です。 今回は投資の初心者でも安くて便利で使いやすい証券会社をご紹介したいと思います。 またどこに投資するかによっても使う証券会社は変わる場合がありますので、その辺もご紹介 ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆとり薬局

現在30歳の長期投資家×助っ人薬剤師×ブロガー 日本全国を転々と活動しており、日本中が仕事先と自負している。 現在、愛知県で活動中。出身は大阪。 どうすれば経済的、時間的、精神的に自由になれるか、日々行動中。 ブログは週2で運営中。現在200記事超。YouTubeも元気に更新中!

-個別銘柄分析(日本)
-, ,

Copyright© ゆとり薬局キズナBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.