個別銘柄分析(日本)

【4568】第一三共は長期投資銘柄となるか〜個別株分析〜

皆さんこんにちは!ゆとり薬局です。

今回の日本株分析は第一三共です。

日本の製薬メーカーの中ではトップグループの一角と言えますね。

個人としても今後の行く末がとても気になる企業です。

今回もバフェット基準に基づき、売上高、当期利益、ROE、ROA、EPS、財務健全性、割安性などで評価していきたいと思います。

 

ゆとり薬局
今後の成長も期待できますが、現状は割高と言わざるを得ないでしょう!

 

スポンサーリンク

第一三共のビジネスモデル

第一三共グループは医薬品等の製造販売を主な事業内容とする。【事業内容】第一三共グループ事業セグメントにおいて、国内区分では、同社は医薬品の研究開発・製造・販売を行う。また、連結子会社を通じて医薬品の研究・開発・製造・販売、一般用医薬品等の研究開発・販売、ワクチンの研究開発・製造・販売、同社向け製品の供給、人事や経理等の事務サービスの提供、不動産賃貸及び保険代理業務等多岐にわたる業務を行う。海外区分では、米国において、持株会社と連結子会社などを通じて医薬品の研究開発・販売、製品の供給、研究開発業務の委託などを行う。欧州において、連結子会社を通じて、欧州各国で医薬品の製造・販売を行う。同社は連結子会社に原料の供給、製造の委託、研究開発業務の委託をする。その他の地域において、連結子会社を通じて医薬品の研究開発・製造・販売を行い、同社はそれぞれの会社に中間体及び製品を供給する。楽天証券より引用

第一三共は言わずと知れた製薬メーカーの一つです。

主力は医療用医薬品ですが、OTCのみならず、ジェネリック医薬品まで幅広く展開しているのが特徴です。

これまでの主力製品は高血圧治療薬のオルメサルタンでしたが、特許切れがおこり、新たな主力製品創出に力を入れています。

最近では、血液凝固剤のリクシアナ、認知症治療薬のメマリーが好調です。

 

オススメの証券会社について記事にしました!

投資初心者にオススメの証券会社は!?〜手数料だけに注視せよ〜

皆さんこんにちは!ゆとり薬局です。 今回は投資の初心者でも安くて便利で使いやすい証券会社をご紹介したいと思います。 またどこに投資するかによっても使う証券会社は変わる場合がありますので、その辺もご紹介 ...

 

主力製品製品

引用:企業IR資料より

リクシアナは海外においても売り上げの拡大が目立っています。

抗潰瘍治療薬であるネキシウムも高い売り上げに寄与しています。

 

 

米国株アップルの銘柄分析はこちらから

【AAPL】アップルは長期投資銘柄となるのか!?〜米国個別株分析〜

皆さんこんにちは!ゆとり薬局です。 今回の米国個別株の分析はアップルです! 皆さんご存知のiPhoneの製造会社ですね!スティーブ・ジョブズの最高傑作はあまりにも世界中から愛されています。 そんなアッ ...

 

抗がん剤に強いパイプラインを持つ

また第一三共の特徴として抗がん剤治療薬において豊富なパイプラインを持っています。

オンコロジー領域自体がさらに膨れ上がる予想される昨今において、この豊富なパイプラインが株価を押し上げています!

 

事業規模

  • 時価総額:48,772億円
  • 従業員数:連結15,494人
  • 設立:2005年

 

第一三共の業績チェック

ここからは第一三共の業績をみていきたいと思います。

これまで同様、5段階評価(1〜5)の通信簿形式です。

指標としては、売上高、当期利益、ROE、ROA、EPS、財務健全性、割安性から考察していきたいと思います。

各指標の右側の数字が評価値となっています。

 

売上高【2】

残念ながらここ数年の売上高は伸びていませんね。

 

当期利益【2】

当期利益は2015年に大きく伸びているため、グラフが歪んでいます。

バフェットはなぜ銀行株に投資するのか

皆さん。こんにちは。ゆとり薬局です。 今回はなぜバフェットが銀行に投資するのかを考察していきたいと思います。 バフェットは逆張りの投資家でもあり、分散ではなく集中投資を好む投資家ですよね。 そして現在 ...

 

ROE【3】

【ROEの推移(%)】

  • 2015   28.20
  • 2016   6.49
  • 2017   4.44
  • 2018   5.22
  • 2019   7.84

 

ROEも2015年に引っ張られていますが、他はあまり高い水準ではありませんね。

5年平均は一応10%超えていますが、安定はしていません。

 

ROA【2】

【ROAの推移(%)】

  • 2015   16.79
  • 2016   4.24
  • 2017   2.8
  • 2018   3.16
  • 2019   4.69

 

ROAも同じような経過を辿っています。

あまり安定はしていません。

 

EPS【2】

【EPSの推移】

  • 2015   456.62
  • 2016   119.11
  • 2017   79.44
  • 2018   91.10
  • 2019   143.88

 

EPSも同様ですね。

ただし、直近1年での推移は改善傾向のようです。

 

財務健全性【4】

  • 自己資本比率 62.3%
  • 有利子負債 224,383百万 
  • 利益剰余金  1,200,181百万

 

自己資本比率は65.5%とそれなりに高いです。

また負債も少なく、利益剰余金も多いので財務は健全な企業と言えるでしょう。

 

割安性〜現状の株価とPER〜【2】

続いては株価を見てみましょう。

  • 株価:6670円(20/03/06現在)
  • PER(連):46.26倍

 

PERはオンコロジー領域の期待からかなり割高となっています。

同業種と比べてもかなり高いです。

 

これまでのチャート

過去10年のチャート

過去10年では右肩上がりに推移し、6倍株に成長しています。

 

過去5年のチャート

ここ5年でもほぼグラフのカタチは変わりませんね。

直近の2年でグラフが立ち上がっています。

 

株主への還元は?

続いて株主への還元をみてみましょう。

配当利回り&配当性向

第一三共の配当利回りは1.05%です。

直近の配当性向は約48%です。

 

総評【2.5】〜パイプラインが豊富な企業ではあるが、期待値が高く割高〜

第一三共への長期投資はアリかをまとめてみました。

  • 売上高:2
  • 当期利益:2
  • ROE:3
  • ROA:2
  • EPS:2
  • 財務健全性:4
  • 割安性:2

 

総評【2.5】

オンコロジー領域に豊富なパイプラインを持ち、成長領域の拡大がかなり期待されている企業である。

現状の医薬品でもリクシアナが市場を牽引しているため、売り上げの拡大も期待できる。

しかしながら、現状では特筆するような売り上げ拡大が起こっていないため、期待されすぎな面も否めない。

 

ということで今回の銘柄分析の第一三共編はいかがでしたでしょうか。

少し割高感が否めないですが、それは期待の裏返しでもあります。

是非参考にしてみてください。

また、全ての投資は自己責任ですので、投資する前はご自身で是非分析してみてください。

今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

投資先が決まれば、オススメの証券会社についても記事にしていますので是非ご覧ください!

投資初心者にオススメの証券会社は!?〜手数料だけに注視せよ〜

皆さんこんにちは!ゆとり薬局です。 今回は投資の初心者でも安くて便利で使いやすい証券会社をご紹介したいと思います。 またどこに投資するかによっても使う証券会社は変わる場合がありますので、その辺もご紹介 ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆとり薬局

現在30歳の長期投資家×助っ人薬剤師×ブロガー 日本全国を転々と活動しており、日本中が仕事先と自負している。 現在、愛知県で活動中。出身は大阪。 どうすれば経済的、時間的、精神的に自由になれるか、日々行動中。 ブログは週2で運営中。現在200記事超。YouTubeも元気に更新中!

-個別銘柄分析(日本)
-,

Copyright© ゆとり薬局キズナBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.