個別銘柄分析(日本)

任天堂【7974】は長期投資銘柄となるか

皆さんこんにちは!ゆとり薬局です。

今回は日本株の任天堂について長期投資の銘柄分析を行いたいと思います。

任天堂と言えば、誰もが知るゲーム会社ですよね!スーパーマリオは世界中で愛されています。

今回もバフェット基準に基づき、売上高、当期利益、ROE、ROA、財務健全性、割安性などで評価していきたいと思います。

 

ゆとり薬局
財務の強さと利益率の高さはかなりのものです!

 

スポンサーリンク

任天堂のビジネスモデル

任天堂グループはホームエンターテインメントの分野で娯楽製品の開発、製造及び販売等を事業とする。【事業内容】主な製品は、コンピュータを利用した娯楽機器であるゲーム専用機とトランプ・かるた等に分類される。ゲーム専用機とは、携帯ゲームやホームコンソールゲームのハードウェア及びソフトウェアであり、同社及び関係会社が開発し、主として同社において製造し、国内では主に同社が、海外では主に関係会社が販売する。楽天証券より引用

 

任天堂の創業は非常に歴史があり、およそ100年以上前に遡ります。

カルタや花札などの玩具を販売し、その後1980年代にファミリーコンピュータ(ファミコン)を販売してからその知名度は一気に広がりました。

今はNintendo Switchがとても人気ですね。

 

KDDIの銘柄分析はこちらから

【9433】KDDIは長期投資銘柄なのか!?〜個別株分析〜

  皆さんこんにちは!ゆとり薬局です。 今回の日本株分析は大手通信会社KDDIです! auやMVNOなどのモバイル事業を展開している安定銘柄ですね。 非常に高配当なところも魅力の一つです。 ...

 

売り上げの94%はNintendo Switchに依存

引用:起業LOG

 

上の図をご覧ください。

これは任天堂の売り上げ構成比で、およそ94%がNintendo Switchの売り上げとなっています。

良くも悪くもNintendo Switchで売り上げが左右される形になっていますね。

各地域に対する売り上げ構成比ですが、米大陸が最も高く、日本市場は欧州と同じ規模となっています。

 

中国企業のテンセントとの販売提携を発表〜スウィッチは中国市場へ〜

 

先ほどのグラフでは、Nintendo Switchの販売先に中国は主に含まれておりませんでした。

しかし昨年、任天堂は中国のIT企業大手のテンセントとNintendo Switchの販売提携を結び、中国市場への拡大を狙っています。

中国市場でも同様の規模で拡大できるとなると、さらなる売り上げアップが期待できますね。

 

コロナ恐慌下でも含み益

また任天堂の特徴としてコロナ恐慌下の状況にあっても、株価は伸びています。

日経平均は一時35%下がり、J-REITはおよそ半分以上下落しました。

巣篭もり自粛が続いておりますので、このような状態においてもディフェンシブに働くのがこの銘柄の魅力的なところですね。

 

ただし、任天堂は2007年に記録した、最高値の73200円はいまだに超えられていません。

継続的に利益を上げ続けるのが難しいビジネスモデルなのかもしれません。

 

事業規模

  • 時価総額:50,284億円
  • 従業員数:連結6,113人
  • 設立:1947年

 

カルタやトランプを販売していた企業が戦後に任天堂を設立しました。

時価総額は5兆円にのぼります。

 

任天堂の業績・指標を決算書からチェック

ここからは任天堂の業績をみていきたいと思います。

これまで同様、5段階評価(1〜5)の通信簿形式です。

指標としては、売上高、当期利益、ROE、ROA、財務健全性、割安性から考察していきたいと思います。

各指標の右側の数字が評価値となっています。

 

売上高【3】

任天堂はずっと伸びているという企業ではなく、V字回復している企業となります。

Nintendo Switch発売後の伸びがすごいですね!

 

当期利益【3】

任天堂は3DSやWii Uを販売している時は低迷していました。

それでも赤字を出しながら開発に力を入れ続けた為、Nintendo Switchは生まれました。

 

【GOOGL】Googleは長期投資銘柄となるか〜米国株分析〜

皆さんこんにちは!ゆとり薬局です。 今回は米国株のGoogleについて長期投資できるか銘柄分析していきたと思います。 Googleといえば言えばGAFAの一角で、YouTubeやGoogleマップなど ...

 

ROE【3】

  • 2015   3.66
  • 2016   1.42
  • 2017   8.51
  • 2018   10.86
  • 2019   14.22

 

現状のROEは素晴らしいものがありますが、低迷期では上手く株主資本を利益に還元できていませんでした。

ROE5年平均も7.73%とそれほど高くありません。

 

ROA【3】

【ROAの推移(%)】

  • 2015   3.15
  • 2016   1.25
  • 2017   7.42
  • 2018   9.00
  • 2019   11.67

 

ROAは直近1年は素晴らしいものがありますが、継続して出せているかというと少し物足りないですね。

 

ネオモバなら、任天堂のような株価が高い銘柄を単元未満株で購入することができます!


財務健全性【5】

  • 自己資本比率 78.9% 
  • 有利子負債  0円
  • 利益剰余金 1,644,867百万円
  • フリーキャッシュフロー 159,792百万円

 

任天堂の素晴らしいところは財務力にあります。

有利子負債は一切ありません。

また利益も大量(1兆円以上)プールしている企業ですので、財務はかなり保守的な経営がなされています。

 

割安性〜現状の株価とPER〜【3】

続いては株価を見てみましょう。

  • 株価:46220円(20/04/29現在)
  • PER(連):27.87倍
  • PBR:3.8倍

 

やはりコロナ恐慌下も人気の企業とあって、それなりの株価がついてますね。

しかしながら、過去の任天堂のPERを比較すると少し低いと考えることもできます。

 

しかし株式分割が全くされていないため、100株購入のルールだと462万円も必要になってしまいますね。

ゆとり薬局がこの株を購入するとポートフォリオがほぼ任天堂になってしまうため買いません。笑

 

株主への還元は?

続いて株主への還元をみてみましょう。

 

配当利回り&自社株買い

配当利回りは1.80%とまずまずです。

また、昨年8%ほど自社株買いを敢行していますので、株主還元意識もまずまずある企業でしょう。

 

ゆとり薬局
バフェットは自社株買いしている会社に投資する傾向にあります!

 

総評【3.5】〜継続的な売り上げ成長は難しいが、当たれば数年安泰の企業〜

任天堂の長期投資の評価をまとめてみました。

  • 売上高:3
  • 当期利益:3
  • ROE:3
  • ROA:3
  • 財務健全性:5
  • 割安性:3

 

総評【3.5】

Nintendo Switchを中心とした娯楽機器提供のビジネスモデルは、コロナ恐慌下の自粛には持って来いの銘柄である。

さらに今後は中国市場への拡大でかなりの伸びが期待できる。

マリオやゼルダやポケモンなどは自社ブランドの作品であり、ブランド力は世界でも十分に渡り合える。

しかしながら、売上構成比がNintendo Switchに大きく依存しており、株価も2007年の最高値を未だに超えられていないので油断は禁物か。

 

 

ということで今回の銘柄分析の任天堂編はいかがでしたでしょうか。

ブランド力もあり、財務がとても保守的で安定的な銘柄でしたね。

是非投資先としてもご検討ください。

 

 

ネオモバなら、任天堂のような株価が高い銘柄を少額から購入することができます!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆとり薬局

現在30歳の長期投資家×助っ人薬剤師×ブロガー 日本全国を転々と活動しており、日本中が仕事先と自負している。 現在、愛知県で活動中。出身は大阪。 どうすれば経済的、時間的、精神的に自由になれるか、日々行動中。 ブログは週2で運営中。現在200記事超。YouTubeも元気に更新中!

-個別銘柄分析(日本)
-,

Copyright© ゆとり薬局キズナBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.