暮らし

99%の生命保険は必要ない

今回は保険には入る必要があるのかを深掘りしていきたいと思います。

現代社会では圧倒的に未来に対して不安がある人が多いので、

民間の保険に加入している人は非常に多いです。

 

しかし、結論から申し上げておきます。

「99%の生命保険は不要です。」

生命保険、がん保険、給与サポート保険など最近の保険は手を変え、品を変え色々と存在します。

しかし、ほとんどの保険は必要ないということを押さえておきましょう。

それでは深掘りしていきます。

スポンサーリンク

そもそも保険の仕組みとは

そもそも保険の仕組みとはなんでしょうか。

実は保険とは

「人類の最大の発明」と言われています。

なぜなら、もしもの時のリスクに向けてみんなで少しずつ積み立てておいて、

いざリスクが訪れた人に、その積立金で補填する。

そういう仕組みですよね!?素晴らしい仕組みですね。

 

例えば、若くして旦那さんが亡くなった家を買ったばかりなのに火事で全焼してしまった。

こういうレアケースに対して、保険というのは非常に有効です。

しかし、昨今存在している、がん保険はどうでしょうか?

2人に1人ががんになる時代です。

みんなで積み立てても結局50%がなってしまうものとなると、

あまり有効な保険とは思えません。

むしろお金を吸い取られていく人がほとんどなのではないでしょうか。

民間保険ではなく健康保険で十分

無保険は不安と思う人も多いかもしれませんが、

我が国は国民皆保険です。みんなが健康保険に加入しています。

そしてこの健康保険こそが、最強の保険のなのです

 

なぜなら病院で診察してもらっても、たった30%の負担でよく、

大病になったとしても高額療養費制度などを利用すれば、

200万円以上の治療費でも、10万円以下の支払いで済みます

意外と知られていない健康保険の凄さ

健康保険はホントにすごい保険です。

先ほどの高額療養費制度で実際にシミュレーションしてみましょう。

例えば、年収370万円〜770万円未満の人(多くの人がこのゾーンに当たると思います)が、

300万円の治療を受けても保険適用で、高額療養費制度を利用した場合なら、

支払額は、107430円となります。かなり安くありませんか!?

 

さらに大企業などの健康保険組合なら、付加給付というものがあり、

さらに上限は安くなり、およそ2万円ほとなっています。

もはや高額な治療費のために、民間の保険に入る必要はないということがよく分かりますね

ちなみにこの高額療養費制度では、申請が必要ですので、しっかりと万が一に備えて、知識をつけて準備しておきましょう。

保険会社は営利企業で手数料が不明瞭

保険会社の1番の腑に落ちないところは、各保険に対する手数料が不明瞭という点です

通常の投資商品でも、手数料は必ず記載されているんですが、

保険はどこにも記載されていません。

どのように被保険者のお金が運用されているかわからないのです

 

そしてさらに、保険会社はボランティア団体でも非営利法人でもありません。

悪く言えば、お金儲けで成り立っている会社です。

社員に高額な給料を支払い、テレビCMも多額のお金をかけてバンバン放送し、

そのお金は加入者から流れたお金ということを忘れてはいけないでしょう。

つまり保険会社にかなりお金を中抜きされていないと、構造上成り立たないビジネスなのです。

唯一必要な生命保険は現役世代の突然死に対する保険

しかし、そんな民間保険もある部分で必要なところがあります。

それはまさに冒頭でお伝えした。現役世代の突然死に対するものです

いきなり旦那さんが赤ん坊を残して死んでしまったら、

これは万が一に備えて保険を掛けておくのも、アリかもしれません。

 

ただし、保険で資産を運用する商品ではなく、掛け捨てをオススメします。

なぜなら、保険で運用するような元本保証を謳っているようなものは、

かなり長く掛け続けないと元本割れになってしまいます

そんなに長く掛け続けるくらいなら、株式インデックス投資で積立投資をしている方が、

よっぽど早く元本割れのリスクから早く立ち直るでしょう。

 

なぜインデックス投資がいいのかを記事にしていますので参考にしてください。

めんどくさい人は完結編からどうぞ。

自動車保険や火災保険はなるべくコストダウンを心がけよう

自動車保険や火災保険はもしもの時のリスクが大き過ぎるので、

加入した方がいいですね。

ゆとりは家は持っていないので、火災保険は入っていませんが、

自動車保険はもちろん加入しています。

 

自動車保険の場合でも、車両保険をつけない保険をオススメします。

なぜなら、車両保険付きは圧倒的に高いです。

ゆとりは車両保険を外して、なんと年間保険料が、

19万5千円から →  4万2千円になりました。

恐るべき車両保険です。笑

これは今後記事にもしていこうと思います。

保険で運用はしてはいけない。インデックス投資で運用しよう

保険会社は手数料が不明瞭なので、運用してはいけないのはよく分かりました。

なので、自分の人生の安全性を高めていくためには、

インデックス投資で運用した方が、間違いなく保険になると思います

おそらく保険会社も、同じように客から得たお金の一部をインデックス運用にも回していると思います。

手持ちの金融資産が保険になる

先ほどもお伝えしましたが、手持ちの金融資産こそが保険となるのです

例えば貯金が10万円の人と貯金が1億円の人でしたら、

取れるリスクとリスクに対する安全度は全然違いますよね。

 

つまり現金が多いと、自由と安全が保障されるのです

 

本当に病気に対してリスクヘッジしたいのなら、

変な民間の保険に入るのではなく、極端な話、手元に200万の貯金がある方が、

よっぽどの保険になると思いますので、長期投資で資産作りによる保険を目指しましょう。

 

短期投資は労働、長期投資は寝ててもいい

短期投資と長期投資は一体どっちがいいのか。投資家にとっては各々で考え方が180度変わりそうですが、ゆとりは最初から長期投資派です。なぜなら長期投資はタイトルの通り寝てても運用出来ているからです。日々の ...

出口が決まっている場合には、目標額に到達次第、リスク資産から無リスク資産に

学費などのまとまったお金がある時期に絶対に必要な場合は、

出口(売却)が決まっている投資となります。

インデックス投資などのリスク資産はメリットが多い一方で暴落が怖いので、

出口までに目標額が溜まった場合は、速やかに定期預金や債券などの無リスク資産に、お金を移動させましょう。

そうすれば株式に投資していたとしても、リスクヘッジにつながると思います。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

保険はあまり有効な商品が少なく、健康保険が素晴らしいことをお伝えできたと思います。

資産分散のポートフォリオとして、インデックス投資を始めることも十分保険になると思いますので、

ぜひ参考にしてみてください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

国内の個別株を買うなら、DMM証券が手数料が安いです。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆとり薬局

現在30歳の長期投資家×助っ人薬剤師×ブロガー 日本全国を転々と活動しており、日本中が仕事先と自負している。 現在、愛知県で活動中。出身は大阪。 どうすれば経済的、時間的、精神的に自由になれるか、日々行動中。 ブログは週2で運営中。現在200記事超。YouTubeも元気に更新中!

-暮らし
-,

Copyright© ゆとり薬局キズナBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.