メンタル

孫子の兵法から学ぶ現代のビジネス戦術

 

こんにちは。ゆとり薬局です。

今回は孫子の兵法からビジネスに繋がるヒントを書いていきたいと思います。

孫子の兵法は今から2500年前の中国で誕生したのですが、

今だに多くの人に愛され、ビジネス書として使われています。

 

 

それはとんでもない兵法が記載されているから!?

ではなく、孫子の兵法は人間関係をメインに描いている書物なので、

2500年を超えた現代でも通ずるものがあるんですね。

 

それでは解説していきます。

 

スポンサーリンク

孫子の兵法とは

孫子の兵法とは、「孫子」という紀元前500年に誕生した兵法書からきていて、

これは孫武という春秋戦国時代の軍事戦略家が書いたものです。

 

 

この頃の「戦」の考え方は、を重視する要素が大きかったとされていましたが、

孫武は戦に必要なのは、「運」ではなく「人為」だと説きました。

人為とは人が成すこと、すなわち準備の仕方によって勝敗が決まると説いたのです。

 

 

そして孫武がこの本で一番大切にしている考え方が、

「戦わずして勝つ」という考え方です。

 

 

すなわち戦いよりも準備をメインにした書物なので、

現代の経営者にも愛読されています。孫正義やビルゲイツも読んでいるそうです。

歴史上の人物ならば、ナポレオンや毛沢東も参考にしていたそうです。

 

それではここから孫子の兵法の各論に入っていきます。

先人から生き方を学ぶ〜ウォーレン・バフェット〜

偉大な先人は、凡人とは何が違うのか? 今回は投資の神様と言われているウォーレン・バフェットから生き方を学びましょう。 投資家の中でゆとりはナンバー1にバフェットが好きです。 心の底から尊敬している人物 ...

 

戦わずして勝て

「百戦百勝が最善ではなく、戦わずして相手を降伏させよ」

戦わずして勝つ事こそが孫子の兵法の最大のテーマです。

 

 

戦争というのは例え勝利したとしても、戦勝国も損害を被ります。

田畑は焼け、死んでしまった兵士達は二度と帰ってくることはないのです。

戦争に勝って領土を広げたとしても、手に入れた領土が丸焼けになった状態では、

元に戻るまでにはかなりの時間を要してしまうので、

極力戦わない、争わないようにして、

できるだけ政略で相手を追い詰めていくことが正しい戦闘法だと述べています。

 

 

極力戦わずに相手に負けを認めさせて、その後に仲間にした方が効率が良いという考え方ですね。

これは現代のビジネスに言い換えるなら、競合他社を倒産に追い込むのではなく、

降伏させて支配下にしていくという感じでしょう。

しかし、その方がお互いにとってプラスかもしれませんね。

 

長期戦は回避せよ

戦争が長引いてしまっては、国の利益にならないということを説いています。

つまり無用な戦いを挑んで、下手に消耗するリスクは避けなさいという考え方ですね。

 

実際の戦でも、長期戦になると物資の輸送などで莫大な資金が消費され、

長引けば長引くほど、国力が弱まってしまうというデメリットがあるようです。

孫武は金銭感覚も非常に鋭かったと言われています。

財政も戦略上は大切な要素だったんですね。

 

情報を最大の武器として敵を操れ

準備を最も優先する孫子の兵法にとって、一番の武器は「情報」です。

つまり情報をふんだんに取り入れて、相手には自分達の情報を極力漏らさないということを徹底させています。

 

 

「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」

これは敵の戦い方や軍隊の総数など、敵の情報を全てインプットして、

尚且つ、自軍の情報を全て叩き込んでいれば、百回戦っても勝つことができるということです。

それだけたくさんの情報を手に入れるために、スパイ活動などもかなり念入りに行っていたようです。

先人から生き方を学ぶ〜孫正義〜

偉大な成功者は他の人間とどう違うのか。今日は孫正義から人生の生き方について学んでいきましょう。 彼は同じ人間のはずなのにどうしてここまで突き抜けることができたのでしょうか。 もちろんみなさんご存知のソ ...

 

自分よりも強い敵とは絶対に戦うな

また戦を極力避けるべきという考え方の孫武にとって、

勝てる見込みが少しでも無い場合は一切戦うなと説いています。

 

 

一か八かの戦は避けて、確実に勝てる時のみ勝負を仕掛けなさいということです。

勝負は根性論ではなく、理論的に取り組むことが大切なんですね。

 

正攻法で対峙して、奇襲で勝利せよ

敵の弱点に対して正攻法で攻撃を仕掛けて、

奇襲により勝利せよと述べられています。

 

 

正攻法で仕掛けるためには情報が必要ですので、

全ての事柄が連動しているとも言えますね。

 

攻勢をかける時は、一気に終わらせろ

なるべく戦はしないという孫武の考え方ですが、

もし戦をするのであれば、攻撃を仕掛けるタイミングまで、

静かに身を潜めて、好機と見るや一気に仕掛けて戦いをすぐに終わらせなさいと書かれています。

 

 

無用な長期戦で背負うリスクよりも、綿密に準備を重ねて、

短期決着させる方が、国力も弱まらずに済みます。

これは武田信玄の風林火山にも取り入れられている考え方です。

 

トドメは刺さずに仲間にしろ

また、意外なことに相手にトドメを刺すなとも書かれています。

「窮鼠猫を嚙む」とも言われるように、あまり敵を追い詰めすぎると、

追い詰められた敵は何をしてくるか分からないので、相手にも猶予を残してあげなさい、

という優しい考えを持っています。

 

 

ですので、相手をオーバーキルせずに猶予を与えて、

自らの仲間に引き入れることが最大のメリットだと書かれています。

本当に人を使うのが上手すぎますね。

先人から生き方を学ぶ〜橋下徹 前編(生い立ちからメディア出演まで)〜

実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた (PHP新書) [ 橋下 徹 ] 楽天で購入     先人から生き方を学ぶ、今回の偉人伝は橋下徹さんです。 橋下さんと言えば、弁護士というよ ...

 

考察〜現代では準備と並行して動き出しても構わない〜

ここからは孫子の兵法の現代に落とし込んでいきたいと思います。

孫子の兵法を実際に学んで、準備の大切さや戦う前の心構えを知ることができました。

 

 

しかし、この考え方は「戦」を主軸に書かれています。

戦は負けてしまうと晒し首にされたり、とにかく命を落とすリスクがありますよね。

ただ、現代社会ではどうでしょうか。

大失敗をして命を落とすことはこの日本では、無いに等しいですよね。

 

 

だから準備は大切だけれども、準備に時間をかけすぎて、

動けなくなってしまうことも大きなリスクだと思います。

むしろ失敗して死ぬリスクは無いに等しいので、現代ではやりたいことがあれば先にやって、

やりながら準備するという方法にアップデートしても良いと思います。

 

一世一代の大勝負を仕掛ける時は念入りに準備せよ

ただし、借金を大きくしてでも事業に取り組んでみたいとか、

とるリスクが極めて大きい場合は、綿密に準備してから始めることが大切だと思います。

まさにこの時は孫武の考え方をフル活用して、政略を駆使しながら、

情報を最大限にとってください。

 

しかし、1番の方法はリスクを背負わずに戦わずして勝つことなので、そこを考えることも有効的だと思います。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

孫子の兵法は2500年前に書かれたとは思えないくらい、素晴らしい人生の教材とも言えますね。

2500年前のものが今も読まれるということは、人間の本質は今も昔も変わらないということではないでしょうか。

 

ぜひ参考にしてみてください。

今回はこちらで以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

副業でブログを書く場合は、お名前.comでドメイン登録が便利です。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆとり薬局

現在30歳の長期投資家×助っ人薬剤師×ブロガー 日本全国を転々と活動しており、日本中が仕事先と自負している。 現在、愛知県で活動中。出身は大阪。 どうすれば経済的、時間的、精神的に自由になれるか、日々行動中。 ブログは週2で運営中。現在200記事超。YouTubeも元気に更新中!

-メンタル
-, ,

Copyright© ゆとり薬局キズナBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.