薬剤師

薬学部ってどうなの!?〜現役薬剤師からの考察〜

 

みなさんこんにちは。ゆとり薬局です。

今回は薬学部に入ろうか悩んでる人向けに、

現役薬剤師が薬学部についてどうだったか感想を書いていきたいと思います。

 

 

結論から申し上げますと、ゆとりは薬学部に入って、

8:2で良かったなって思います。

しかし、途中でなんで薬学部に入ったんだろうと、

迷ってしまった時期も確かにありました。

楽しい時もあれば、苦しい時もあるのが薬学部です。

 

 

それではここから薬学部のメリット、デメリットをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

薬学部のメリット

資格が得れる

薬学部の最大のメリットとして間違いないのが薬剤師の資格が取れるところです。

資格をもってらっしゃる方は分かると思いますが、

資格があれば学歴はほとんど関係なくなります。

手に職があるというのはこのご時世でとても大きな要素です。

つまりどこの大学卒であろうと、薬剤師は横一線で見られる世界です。

 

そして資格があることによって、人生のセーフティネットがあるという側面もあります。

リストラされても、また新たな職場で働けるのが薬剤師のメリットです。

 

給料はまずまず

薬剤師の給料は平均年収550万ですので、まずまずの給料は得れることができます。

さらにドラッグストアでは、600万以上を標榜しているところもあります。

さらに派遣だと月収はもう一伸び稼ぐことができます。

 

自分の目標に定めてある程度稼げるのが薬剤師の強みです。

そして派遣薬剤師などではゆとりのように正社員をやめてのびのび働くことも可能なので、

自由度もあるところが大きいです。

薬剤師の就職先まとめ

薬剤師の就職先は多岐に渡ります。ゆとりも今まで様々な場所で働いてきました。 「この世界のここがいいな。でもここはだめだな。」 今日はその就職先のメリット、デメリットについてまとめてみました。 まず薬剤 ...

 

6年間は長かったけど有意義な時間だった

薬学部ははっきり言って6年もあるのでめちゃ長いです。

学生時代は特に長く感じるかもしれません。

 

 

しかし、長いからこそ、その時代に出会えた友人はかけがいのない存在ですし、

一生涯の仲間に出会えるチャンスがあります。

なぜなら一緒に学校にいる時間がとても長いですからね。。笑

その理由は後述していきます。

 

薬学部のデメリット

学費が高い

薬学部のデメリットとしてまず1番に挙げられるのが、

学費が高いところではないでしょうか。

6年間なので必然的に学費が1.5倍になるところも大きいです。

 

 

国立薬学部でしたら350万ほどで済む学費ですが、

私立の薬学部ですと軒並み1000万を超えるのが現状となっています。

ゆとりも私立の薬学部ですので、奨学金を借りていました。

ゆとりの友人も奨学金を借りていた人は多かったです。

 

薬剤師の開業は儲かるのか?〜薬局業界に訪れる変革の波〜

皆さんこんにちは。ゆとり薬局です。 今回は薬剤師の開業について、お伝えしたいと思います。     まず、現場の薬剤師が年収アップを狙うにあたっては、以下の方法があります。 &nbs ...

 

6年間が長い

メリットでもあった6年間がデメリットに感じる人も多いと思います。

6年もあると人間関係もごちゃごちゃになったり、

恋愛などの交際関係もややこしくなります。笑

あの人の元彼がこの人の今彼なんてしょっちゅうです。笑

 

 

ただでさえ、6年が長いので薬剤師資格の必要性を途中で感じれなくなったり、

人間関係が嫌で退学してしまう人も見てきました。

進級も非常に過酷を極めるのが薬学部ですので、

それに耐えられなくなる人も多いのです。

 

常に進級との戦い&ラスボスは国家試験

薬学部のデメリットとして大きいのが、非常に勉学がハードということです。

進級は常に半年ごとにふるいにかけられますし、授業もみっちりタイトに詰まっています。

 

 

文系の大学のように、3年で単位取りきったから、あとはバイト&卒業旅行を満喫!なんて夢のまた夢の話です。

なぜなら過酷な卒業試験を乗り越えても、最後の最後に国家試験が待っています。

MRでもない限り、この国家試験に不合格となれば、浪人が確定します。

6年間で本当に暇な人は相当優秀で常にフル単位の人だけでしょう。

 

 

ゆとりのように勉強しなければしっかり成績が下がってしまうような人は、

6年間努力し続けなければ、ストレートで国家試験合格とはなりにくい世界なのです。

 

終わってみれば走り続けた大学生活

薬学部の勉強生活は過酷を極めます。

思えば、半年ごとの進級を賭けた戦い。脱落した友人や知人も多くいます。

そして4年の終わりにある全国共通の勉学の進級試験(CBT)、実技試験(OSCE)や、

ほぼ毎日ある実験実習、さらに病院と薬局の実務実習なども乗り越えて、

卒業試験も合格し、さらに国家試験も合格しなければならない。

 

 

1年から考えれば、こんなにハードな学生生活だとは夢にも思いませんでした。

ゆとりにとってキャンパスライフは一般的なサークル活動もありましたが、

やはりテスト期間の勉強と、友達とのテスト情報のやりとりが今でも鮮明に記憶に残っています。

 

 

過酷な大学生活でしたが、大学で何もしなかったということはなかったので、

振り返れば有意義な大学生活でした。今思えばそれはそれで良かったと感じています。

その当時はとても必死でしたが。笑

 

 

結論:薬学部はオススメします

結論として薬学部は決して悪い学部ではないと思います。

むしろ良いと思います。少々過酷な側面があるのも事実です。

 

 

薬剤師にそもそもなりたくない人はならなければ良いですし、

資格があればお守り代わりにもなります。

今薬学部を目指している方は、どうぞそのまま突っ走ってください。

そのまま受験勉強で努力し続けれる人が、大学生活でも勝ち抜ける人です。

一緒に目標に向かって頑張っていきましょう。

 

 

今回はこちらで以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。

薬剤師の職能拡大はあるの?リフィル処方箋って何?

こんにちは。ゆとり薬局です。 今回は薬剤師の今後は職能拡大があるのかを解説してきたいと思います。 この問題は今の薬剤師の方にとっても、これから薬剤師を目指す方にとっても、 非常に重要な問題ですよね。 ...

 

オススメの転職仲介会社は?

最後にゆとりがこれまでにお世話になったことのある仲介会社をご紹介します。

正社員としての転職もそうですし、派遣やパートなどの転職相談もお世話になりました。

よかったら参考にしてみてください。

マイナビ薬剤師(必ず近くで面談していただき、今節丁寧に対応していただきました。)

エムスリーキャリア(日本最大級の薬剤師転職サイトです。)

ファルメイト(単発派遣などでお世話になりました。)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆとり薬局

現在30歳の長期投資家×助っ人薬剤師×ブロガー 日本全国を転々と活動しており、日本中が仕事先と自負している。 現在、愛知県で活動中。出身は大阪。 どうすれば経済的、時間的、精神的に自由になれるか、日々行動中。 ブログは週2で運営中。現在200記事超。YouTubeも元気に更新中!

-薬剤師
-, ,

Copyright© ゆとり薬局キズナBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.