薬剤師

門前薬局がビジネスモデル的にまずい件〜未来の薬局のカタチとは〜

 

皆さんこんにちはゆとり薬局です。

今回は門前薬局のビジネスモデルについて考察していきたいと思います。

ゆとりはフリーランスの薬剤師として、今まで、たくさんの門前薬局と、

たくさんの調剤併設のドラッグストアを回ってきました。

 

 

結論から言って両者を比べてみると、

門前薬局の方がビジネスモデル的には、圧倒的に不利ではないかと考えるようになりました。

 

その理由を述べていきます。

 

スポンサーリンク

なぜ門前薬局の生き残りは厳しいのか

門前薬局は90年台後半の診療報酬や調剤報酬の改定によって、

一気にその数を伸ばしてきましたが、最近ではその増加率も頭打ちになってきており、

20年前に比べれば完全に成熟産業になってきています。

そこから、さらに今後の門前薬局が厳しい理由を挙げてみました。

 

門前薬局のビジネスモデルは処方箋しかない

門前薬局は何枚の処方箋が来たのか、それが売り上げに直結します。

処方箋への依存度がかなり高いということです

 

 

対比としてドラッグストアのビジネスモデルは、

処方箋だけでなく、日用品や、一般用医薬品(OTC)の販売などがメインです

むしろ処方箋の売り上げに占める割合は、物販に比べるとかなり低いので、

処方箋に対する依存度が低く、調剤報酬改定などの影響を受けにくいとも業界であると思います。

 

 

かかりつけ薬局のカタチに近いのはドラッグストア

 

また国が推進するかかりつけ薬局のカタチに近いのはドラッグストアの方ではないかと思います

かかりつけ薬局を持ちましょう!という方針はそもそも、

複数の診療科に通ってる患者みんなが、それぞれの門前の薬局ばかりに行くので、

薬局は決まったところでもらいましょう!その方が管理のリスクが少なく簡単です!

という制度でしたよね。

 

 

2つの診療科に通っている場合などは、わざわざ遠く離れた別の医院の横に出向かなくても、

家の近くで処方箋を渡して、待ち時間に日用品を買い物している方が時間の節約にもなりますし、

よりかかりつけ薬局のカタチに近いのではないかなと思います。

 

 

また、この流れが徐々に出来上がってくると、

門前薬局はドラッグストアから処方箋を奪い取られてしまいます。

門前薬局がこのままの状態で何も手を打たなければ、処方箋は吸い取られていく一方でしょう

薬剤師の就職先(ドラッグストア編)

こんにちは!ゆとり薬局です。今日はシリーズでお送りする薬剤師の就職先です。今日はドラッグストアの薬剤師についてご紹介します。ゆとり自身も数年間実際に某ドラッグストアに勤務しておりました。ドラッグストア ...

 

 

薬剤師一人あたりの処方箋枚数は門前薬局が圧倒的に多い

働く薬剤師側からの視点でも、ドラッグストアの方が有利でしょう。

なぜなら、門前薬局は処方箋の依存度が高いので、

いかに一人の薬剤師が処方箋を多く捌けるかにかかっています。

いわゆる薄利多売なビジネスモデルで、働く薬剤師としての負担は大きいです。

 

 

ドラッグストアは処方箋で利益が取れなくても、物販で利益が取れればオッケーなので、

一人当たりの処方箋の枚数は門前薬局に比べると圧倒的に少ないです

しかし、その分一人調剤や事務仕事やOTCの接客なども増えますが、、笑

 

ただゆとりが働いた感想として、

処方箋の数が少ない方が、薬剤師としての負担は圧倒的に少ないです

やはり薬剤師の負担は、調剤過誤というリスクと調剤業務の忙しさだと思います。

 

さらに極め付けとして、給料もドラッグストアの方が高いので、人材としては、

そちら側に流れてしまうのも門前薬局の厳しい所です。

薬剤師の就職先(調剤薬局編)

最新のデジタルな薬局からアナログな薬局まで多岐に渡る 薬剤師の就職先の中でも最も多いのが門前調剤薬局への就職ではないでしょうか。ゆとりの周りでも、病院や製薬企業を経て、調剤薬局へ就職する人は多いです。 ...

 

 

医療費削減の波が直撃するのは門前薬局

国の医療費の割合は高齢化社会の影響によりどんどん高まっています。

これまでの調剤報酬の改定でも薬価が削られて、製薬業界が随分とその煽りを受けました。

 

 

次に国がメスを入れてくるのは、働く医療者への医療費の削減も十分に考えられます。

しかし、医療の質が下がり過ぎてもいけないので、ここは慎重にならざるを得ないでしょう

ただ、国としてはどのように医療費を削減していくかを模索している状態ですので、

逆風の状況に変わりないでしょう。

 

もし、働く医療者に医療費削減のメスを入れられたら、

真っ先に門前薬局がその煽りを受けることは間違いないでしょう。

 

 

 

それでも門前薬局は生き残る

ここまで散々門前薬局について、厳しい状況を書いてきましたが、

それでも門前薬局は生き残り続けると思います

なぜでしょうか。

 

医院の真横にあるのは圧倒的な強み

店舗型のビジネスにおいて、場所というのはとてつもなく大事です。

多くの場合、場所で9割の勝負は決まると言われています。

 

 

例えば、たこ焼き屋を始めるにしても、なんの取り柄のない場所で始めるのと、

観光名所で人通りがかなり盛んな場所で営業するのでは、

売り上げは雲泥の差がつくと思います

 

 

ですので、薬局の世界でも、医院の隣にあるというのは、

限りなく強いことは間違いありません。

早く薬が欲しい患者にとって、門前薬局が空いていたら避ける理由はほぼないと思いますし、

現状でもこれだけ多くの門前薬局が生き残っている理由の9割が、

「場所がいいから」という理由に尽きると思います。

 

 

保険調剤しかしてない中規模チェーンは買収or解体され、大手か個人へ

これからは、保険調剤しかやっていない中規模チェーン店にとっては、

とても厳しい時代がやってくるかもしれません。

 

 

処方箋の1枚あたりの利益はどんどん厳しくなってくるので、

利益がまだ取れそうなところは大手に買収されて、

大手が買ってもほとんど利益が残らないようなところは、

個人の薬剤師に買われていくと思います。

 

こうしてカタチを変えていきながら、

門前の薬局は生き残っていくのではないかと思います。

 

 

厳しい時代を門前薬局が生き残る方法は

そんな厳しい時代を門前薬局が生き残る方法を考えてみました。

そのテーマはズバリ、門前医院以外からの処方箋獲得だと思います。

まあ当たり前に考えてこれしかないですよね。笑

 

在宅の徹底〜老人ホームのコンサル活動〜

よくある戦略ですが、門前の先生以外から在宅医療の獲得をすることができれば、

自立した薬局の経営に繋がります

しかし、最近はそこも認知が高まっているので、今から飛び込み営業をかけても、

なかなか処方箋の獲得は厳しいと思います。

 

 

そこで思い切って業態を少し転換して、老人ホーム誘致のコンサルント業務をしてみるのもいいと思います。

自分で老人ホームを運営するわけではないのでリスクを取りません。

あくまでコンサルタントとして老人ホームの誘致や開業の手助けをするというものです

これにより、老人ホームとの強力なパイプが出来ますし、処方箋の獲得に繋がると思います。

 

 

実際に、ゆとりの実務自習先の薬局の社長は、このビジネスモデルにより、門前薬局は1つも作らず、

店舗は10店舗にまで拡大するという独自の経営戦略で成功を治めていらっしゃいます。

行動力はかなり必要ですが、やってみる価値はあると思います。

 

 

テクノロジーから逃げないこと

 

また時代の流れに乗るために、テクノロジーの進歩から逃げないということが大事だと思います。

時代は5Gなどの流れを受けて、確実に遠隔診療や遠隔服薬指導の流れになってきます

ここでその未来に目を背けるか、思い切って未来に向かって事業を仕掛けれるかで、

大きな差が生まれてくることは間違いないでしょう。

 

詳しくは記事にもしましたので、ご覧ください。

未来の薬局はどうなる!?〜テクノロジーの進歩から考察〜

未来の薬局は一体どのようになっているのでしょうか。 ゆとりは薬剤師なので、楽しみな反面やっぱり心配です。 今後は5Gなどの技術の進歩によって、医療業界のみならず、 薬局業界も大きく変革の時を迎えます。 ...

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

門前薬局は少し斜陽産業な気がしますが、残っていく工夫を怠らなければ、

今後も十分に残っていくのではないかと思います。

 

結局未来を切り開くには行動しかないということですよね。

しっかりとゆとりも行動していけるような薬剤師を目指します。

 

今回は以上です。参考になりましたでしょうか。

最後にゆとりがお世話になった転職会社をご紹介します。

 

 

オススメの転職仲介会社は?

ゆとりがこれまでにお世話になったことのある会社をご紹介します。

正社員としての転職もそうですし、派遣やパートなどの転職相談もお世話になりました。

よかったら参考にしてみてください。

マイナビ薬剤師(必ず近くで面談していただき、今節丁寧に対応していただきました。)

エムスリーキャリア(日本最大級の薬剤師転職サイトです。)

ファルメイト(単発派遣などでお世話になりました。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆとり薬局

現在30歳の長期投資家×助っ人薬剤師×ブロガー 日本全国を転々と活動しており、日本中が仕事先と自負している。 現在、愛知県で活動中。出身は大阪。 どうすれば経済的、時間的、精神的に自由になれるか、日々行動中。 ブログは週2で運営中。現在200記事超。YouTubeも元気に更新中!

-薬剤師
-,

Copyright© ゆとり薬局キズナBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.