投資

ドルコスト平均法のメリット・デメリット。相性の良い投資先は?

皆さんこんにちは。ゆとり薬局です。

今回は時間分散の一つと言われるドルコスト平均法について、深掘りしていきたいと思います。

 

 

当ブログでも時間分散の方法として、たびたびドルコスト平均法をご紹介していますが、

確かなメリットは持ちつつも、ドルコスト平均法≠安泰な面もありますので注意が必要です。

しかしながら結論として投資初心者には、ドルコスト平均法がオススメです。

それでは解説していきます。

 

スポンサーリンク

ドルコスト平均法とは?

金融商品を購入する際に、一度に購入せず、

資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する方法。

例えば、一括で120万を投資するのではなく、毎月10万円ずつ入れていく。

 

ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法は色々と言われますが、

確かなメリットは存在します。

 

取得単価を平均にできる

ドルコスト平均法の1番のメリットは取得単価を平均化できるところです。

株価は常に上げたり下げたり、変動していますので、

この変動の取得単価を平均化することができます。

取得単価を平均化するのは、結局のところ、

ローリスクになります。ただしローリターンにもなりやすいです。

 

 

下げ相場に強い(大負けしにくい)

ドルコスト平均法は下げ相場には強いです。

なぜなら、一括購入では最初に購入した額からどんどん下がっていくと、

もうどうしようもありませんので、どんどん損失は拡大していきますが、

毎月少しずつ購入していく場合においては徐々に安い価格で買うことができるので、

大負けしにくいのが特徴です。

 

逆張り投資家になれる

ドルコスト平均法は市場に対して逆張り投資家になることができます。

例えば、株価が上がると人はどんどん上がるのではと、

強欲になってしまい、大きな額を突っ込み出してさらに株価は高騰します。

 

 

ドルコスト平均法では高い株価の時は少しずつしか買えません。

大衆の心理と逆に動くことができます。

 

 

そして、大暴落が起きた時に「もうこの市場は終わりだ」と投資を諦めてしまう大衆を尻目に、

安い価格でコツコツと多くの株式を買うことができます。

これも大衆の心理とは逆に動くことが可能です。

 

 

株式というのは大衆と逆に動けば勝てる単純なものなのですが、これが非常に難しいのです。

なぜなら人間は稼ぎたい感情が入り込んでしまうからです。

この感情が投資において一番邪魔なのです。

ドルコスト平均法に従えば、感情を排除することができます。

 

バフェット指数から考察する米国市場と日本市場の現状

  こんにちは。ゆとり薬局です。 今回はバフェット指数からアメリカ市場と日本市場の現状を考察していきたいと思います。     昨今の米国株投資ブームの勢いはすごいですよね ...

ノーロードの投資信託とは抜群に相性が良い

ドルコスト平均法は一括投資と異なり、買いに入る回数が非常に多いです。

ですので、手数料の無料であるノーロードのファンドと非常に相性が良いです。

さらに株は一単元あたりの購入になるので、毎月定額で投資することが難しいですが、

投資信託は毎月定額で設定することが可能ですのでオススメの投資先です。

 

ゆとり薬局
ゆとり薬局も楽天証券のノーロードファンドである楽天VTIに毎月ドルコスト平均法で投資しています。

ほったらかし投資ができる

ドルコスト平均法は毎月積立設定をしていれば、ほったらかし投資が可能です。

株価を見て稼ぎたい欲求が上がったり、暴落して投資をやめてしまったり、

そうすることでトータルのリターンは下がってしまうので、

ほったらかし投資というのは、株式投資に向いています。

株は忘れているくらいの人が一番成績が良いなんてのもよく言われます。

今すぐインデックス投資を始めよう④(完結編)

  今日はいよいよインデックス投資も大詰めの第4回(完結編)です。 ここまでの記事はこちらからどうぞ。 今すぐインデックス投資を始めよう① 今すぐインデックス投資を始めよう② 今すぐインデッ ...

 

ドルコスト平均法のデメリット

ではここからはドルコスト平均法の弱点やデメリットをご紹介していきたいと思います。

 

上げ相場には弱い(大勝ちしにくい)

逆に相場がどんどん上がっていく場合には、

最初に一括で投資している方が、リターンは高くなります。

ドルコスト平均法の場合では、低い時も少ししか買えず、

高値で積み立ててしまうので、上げ相場ではリターンは低くなります。

 

手数料が大きくなる

買いで入る回数が多いので、売買の手数料が発生する場合には、支払い手数料は大きくなります。

個別株をやる場合であればドルコスト平均法は向かないでしょう。

 

リスクが軽減されていると勘違いされやすい

ドルコスト平均法は時間を分散しているので、リスクがないと勘違いされやすいですが、

投資している商品がリスク資産である株式であれば、暴落の可能性はいつでもあります。

ですので、あくまでその投資商品の買い方に関してはローリスク・ローリターンの投資法になりますが、

その商品自体がすでにリスク資産である場合にはしっかりとリスクはありますので注意してください。

 

終わりに〜凡人投資家はノーロードファンドを積立で良いのではないか〜

いかがでしたでしょうか。

今回はドルコスト平均法についてでした。

ドルコスト平均法はある商品においてはリスクを下げることができる一方で、

万能な投資法ではないことがよく分かりました。

 

 

しかしながら、感情を排除して、大衆の心理と逆の動きをして投資できるところは大きな魅力だと思います。

投資初心者には是非オススメの投資法です。

ドルコスト平均法をする場合は、必ずノーロードファンドでしてくださいね。

それでは今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

個別株投資をする場合は、DMM.com証券が手数料が安いです。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆとり薬局

現在30歳の長期投資家×助っ人薬剤師×ブロガー 日本全国を転々と活動しており、日本中が仕事先と自負している。 現在、愛知県で活動中。出身は大阪。 どうすれば経済的、時間的、精神的に自由になれるか、日々行動中。 ブログは週2で運営中。現在200記事超。YouTubeも元気に更新中!

-投資
-,

Copyright© ゆとり薬局キズナBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.