投資

【投資信託】日本に投資するなら日経平均よりもTOPIXの方がリスクが低くてオススメ

 

昨今の米国株ブームにより、日本株に投資している人自体が少ないかもしれませんが、

母国である日本が発展してくれることは日本人としても喜びですし、

海外旅行に行っても、まだまだ日本の方が素晴らしい部分が多いと感じることができるので、

僕は日本にもそれなりに投資していこうと考えています。

 

 

しかし、日本に個別株ではなくインデックスファンドで投資する場合だったら、

日経平均で買うか。それともTOPIXで買うか

この2本だったらどっちがいいんだろうと、必ず皆さん考えると思います。

この2つは似ていますが、非なるものです。

 

 

僕自身の結論として、日本に投資するなら日経平均よりもTOPIXの方がいいのではないかと思います。

今回はその点を深掘りしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

日経平均とTOPIXの違い

 

日経平均とは

日経平均とは日経平均株価のことで、

日本の株式市場の代表的な株価指標の一つ。

日本経済新聞社が公表する、東証一部に上場する銘柄から選定された225銘柄の平均株価指数。

原則、年1回の定期見直しによって、銘柄入れ替えを実施。

特徴として、値がさ株(株価が高い株式)の影響を受けやすいと言われている

 

主な構成一覧はこちらとなります。

 

なんとユニクロこと、ファーストリテイリングで全体の10%程を占めています。

そして、およそ上位の20社で半分ほどの割合を占めます。

つまりファーストリテイリングの株価に左右されやすく、

大企業の株価に連動しやすいです。

全世界株式をオススメしない理由

  今回は全世界株について書いていきたいと思います。 全世界株とは文字通り、全世界の株式のインデックスファンドです。 地球丸ごと買っちゃおうぜっていう感じですね。笑   当ブログは ...

 

 

TOPIXとは

TOPIXとは東証株価指数のことで、

東京証券取引所の一部上場株式銘柄全体を対象にした株価指数。

市場全体の時価総額を元に算出され、

基準日である1968年1月4日を100として、現在の時価総額を数値化したもの。

 

主な構成銘柄は下記となります。

引用:http://cloudconvert.com

 

日経平均上位とは異なる会社が多いのが目立ちます。

一番影響力が高いのはトヨタ自動車ですが、その比率は3%ほどとなっています。

TOPIXは市場全体なので、大型株から小型株まで影響を及ぼします

対象となる企業は2000社以上にのぼります。

今すぐインデックス投資を始めよう④(完結編)

  今日はいよいよインデックス投資も大詰めの第4回(完結編)です。 ここまでの記事はこちらからどうぞ。 今すぐインデックス投資を始めよう① 今すぐインデックス投資を始めよう② 今すぐインデッ ...

 

 

日経平均とTOPIXの比較

これまでのパフォーマンス

青がTOPIXで赤が日経平均になります

引用:https://tumitatenisa.com

 

上の表はこれまでの日経平均とTOPIXの値動きです。

共にアベノミクスの影響により、大きく株価を伸ばしてきました。

この10年で比較すると、米国株よりも日本株の方が運用成績が良かったようです。

 

そして実はTOPIXの方が、この10年ではパフォーマンスは日経平均に負けています

大型株の方が、この10年は強かったということになりますね。

 

 

ちなみに気になる10年間の平均年間利回りは、

日経平均が13%、TOPIXが10%程だったようです。

日経平均に軍配が上がったとはいえ、高次元の戦いですね

経済成長している新興国に投資しても、高いリターンが得られるとは限らない

  当ブログではこれまで米国株のインデックスファンドをオススメしてきました。 しかし、近年目覚ましく経済発展を遂げているのは間違いなくアジア諸国です。 GDPでは中国が日本を抜き世界2番目の ...

 

 

リターンを求めるなら日経平均、リスクを小さくしたいならTOPIX

先ほどの表でも分かる通り、日経平均は景気がいい時は大きく値を上げやすいのが特徴です。

しかしながら、騰落率はTOPIXよりも高いというデータが出ています。

つまり上がる時は大きく上がりやすく、下がる時は大きく下がりやすいのが日経平均の特徴ですね。

 

 

 

TOPIXは広く分散がされているので、騰落率は日経平均よりも低めです

リスクが気になる方はTOPIXが良いのではないでしょうか。

 

インターネットの普及により小型株に成長のチャンスあり!?

また、インターネットの普及により、だんだんと個人が強くなってきている時代です

個人でもビジネスができる範囲は大きく広がっていると考えられるので、

これからの時代は小型株も大きくチャンスがあるのではないかと考えますので、

TOPIXの方がいいパフォーマンスを出すということもあるかもしれません。

 

しかし、株の上げ下げは神のみぞ知るのでどちらが正解かとは言い切れないのも事実です。

 

 

オススメの投資信託は?

ここからはオススメの投資信託をご紹介してきます。

どこがいいのかはご自身でも調べてみてくださいね。

 

日経平均のオススメの投資信託

日経平均のオススメの投資ファンドは2つです。

 

eMAXIS Slim国内株式(日経平均)

ニッセイ日経平均インデックスファンド

がオススメです。

 

どちらもノーロードファンドでありながら信託報酬が低く、

ともに国内最安値の0.154%となっています。

 

 

TOPIXのオススメの投資信託

TOPIXでオススメの投資ファンドは2つです。

 

eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)

ニッセイTOPIXインデックスファンド

 

こちらもノーロードファンドで、

信託報酬は先ほどと同じ国内最安値の0.154%となります。

 

こちらは純資産がニッセイの方が倍くらい多いので、

償還が心配な方はニッセイの方がいいかもしれません。

しかし、どちらも人気で純資産を右肩上がりで伸ばしているので、

今んとこ償還の可能性は低いのではないかと考えます。

 

 

まとめ

今回の内容をまとめました。

日経平均は大型株が主体で、TOPIXは市場全体を網羅している。

リターンを求めるなら日経平均で、リスクヘッジをしたいならTOPIXがオススメ。

 

どちらもノーロードファンドがあり、手数料が安いので、

投資対象的にはどちらに投資しても良い印象。

この10年は米国よりも日本の方が株価の上昇率は高かった。

 

こういった感じでしょうか。

特に母国ニッポンでインデックスファンドに投資してみたいという方はオススメです。

いかがでしたでしょうか。ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

国内株式の個別株の購入はDMM.com証券だと手数料が安いです。



 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆとり薬局

現在30歳の長期投資家×助っ人薬剤師×ブロガー 日本全国を転々と活動しており、日本中が仕事先と自負している。 現在、愛知県で活動中。出身は大阪。 どうすれば経済的、時間的、精神的に自由になれるか、日々行動中。 ブログは週2で運営中。現在200記事超。YouTubeも元気に更新中!

-投資
-,

Copyright© ゆとり薬局キズナBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.